スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いただきものたち/第24回文房具朝食会@名古屋

文房具朝食会@名古屋でもらったモノたち


前回の文房具朝食会@名古屋、僕にとってはここからが本題。
それはもうどっさりと、頂き物をしてきたわけであります。その理由は、また別の機会にm(_ _)m


P6150024.jpg

P6150021.jpg

P6150023.jpg


地図マステとものさし?マステ。僕の好みドンピシャの2種をいただくことができました!
これから、さまざまなシーンで活躍してもらいますm(_ _)m


P6150026.jpg


クジラのようなルックスをしたナイフです。
愛知の文具王、フミヒロさんが宝物のように大切にしていたという逸品だったそうなのですが、それをいただいてしまいました。感激です…
鉛筆削りに最適で、つい意味もなく削ってしまっていたのだとか。僕も試してみましたが、本当にショリショリ削れて楽しかったです!今度記事をアップしますね(^^)


P6150027.jpg


もう一つ、ものすごく薄い形状のナイフもいただきました。
こちらは切れ味が抜群です!こちらでも鉛筆を削ってみましたが、クジラとは違った楽しさがありましたよ(^^)


P6150028.jpg


うずまき鉛筆です。以前は多かったと言う、渦巻き上にくぼみがついていて、握った際に手にフィットするという優れもの。


P6150029.jpg


このような形です。竹内文具店さんに置いてあるというレアものだそうで、またありがたいものをいただいてしまいました。せっかく鉛筆にちなんだものをいくつもいただいてしまったので、鉛筆の価値を再確認しようと思います。


P6150030.jpg


これ、なんだと思います?


実は、ペン先が着脱可能なガラスペンなんです(^^)


P6150033.jpg


黒い部分がペン先と一体化しているパーツで、ねじまきで装着されています。


P6150031.jpg


外すとこのように


P6150032.jpg


ひっくり返してねじまきするとこの通り!ペン先のがたつきもなく、非常に快適に使用できます。
ガラスペンって万年筆と同様にデリケートなペン先を持っているので、キャップが欲しいなぁと考えていたところだったんですよね。そんなところに、この素敵なギミックで収納可能なペンですよ!
筆箱に入れていても安心なガラスペンとは…インク集めが捗ってしまいそうです(--;)


P6150034.jpg


無印さんのサラサクリップとフリクションキャップ式。
フリクションはキャップ側に修字用のラバーがついており、キャップを後ろにつけた状態でも使用することが可能という優れものです。純正品よりも好きだという方は多いですよね(^^)


P6150035.jpg


ジェットストリームαゲル採用ver.
プレゼント同時にいただいてしまった逸品。このピンク色がね、自分では選ばないだろうなってところが嬉しいんですよ。僕が欲しがりそうなイメージの色をいただいてももちろん嬉しいですが、こういうのもプレゼントの醍醐味ですよね。新しい発見がありそうで、楽しいです(^^)


P6150039.jpg


海の生き物クリップ。沖縄美ら海水族館限定の、デザインクリップです。


P6150040.jpg


左から、マナティジンベエザメ、イルカ、ウミガメ、マンタ
をモチーフにしたクリップとなっています(^^)


P6150042.jpg

P6150043.jpg

P6150044.jpg

P6150046.jpg


ロディアさんでも珍しいリングノート。


P6150047.jpg


中はこのような形。ミシン目と穴がついています。


ロディア各種。中でもマイナー目なものを沢山いただきました!紙ものはいくらあっても足りないので、ありがたい限りです。
中でもロディアNo.11用のこのカバー。パスケースとして常にポケットに忍ばせていても良さそうな、相当な優れものと見ました!


P6150048.jpg

P6150049.jpg


ラミーさんのカタログ、ボールペン「ノト」入り。
欲しいけど、我慢かなぁ思っていたものでした。もらて嬉しい典型ですよね!
ほぼ日の糸井さんのような、著名な方々へのインタビューも載っていたので、読み応え十分!
翌日はつい読みふけってしまっていました。


P6150050.jpg


ペンスタンド「ペンパル」
雑誌かなにかで見かけたときに、欲しい!と思っていたものでした!嬉しいです(^^)


P6150051_convert_20130723232148.jpg


くださったターナーさんのリクエストで、ジェットストリーム単色軸を差しまくってみたもの。
これ、インテリアとしても良いですねぇ。筆記具をインテリアの域にシフトさせるペンスタンド。なんという優れものでしょうか。


P6150053.jpg


ステーショナリーデザインの包装紙。フミヒロさんが自宅にポスターのように飾っていたという逸品。
あの方は本当に自分が大切にしているものをくださる。嫌でも大切にしようと思わされてしまいます。


以上、第24回文房具朝食会@名古屋で皆さんにいただいたものでした。
すべからく、大切に使わせていただきますm(_ _)m
スポンサーサイト

行ってきました/第24回文房具朝食会@名古屋

6月15日に開催された、第24回文房具朝食会@名古屋に行ってきました。
次回はもう明日だというのに、相当今更ではありますが、ご容赦ください(--;)

今回のテーマは「社会人文房具」
自分が社会人になった時のことを思い出してもらって、
その時の思い出の文房具
こんな文房具が自分を進化させてくれた
あんな文房具があったら苦労しなかったのに・・・などなどを
自由にプレゼンするという内容でした。

今回は、筆記具が特に多かったように思えます。仕事をする上で、何かを「かく」ということはかかせないということなのでしょうか。

では、皆さんが紹介してくださった文具を紹介していきます。

IMG_8799.jpg

フルーヴカフェで、いつものように充実したお土産から始まる文房具朝食会。
もはや恒例となっておられます(^^;)

IMG_8809.jpg

ジェットストリーム各種。
今回は、なんと3人もジェットストリームを持ち込まれました!
やはり滑らかなボールペンのパイオニア。僕よりも、昔ながらの思い油性ボールペンに慣れ親しんだ社会人の方々の方が受けた衝撃は大きかったのでしょうね。

クロノさんはピュアモルトという、ウィスキーの樽と同じ素材の木をグリップに採用したタイプを持ってきておられました。
職場でも文具好きであるということが浸透し、贈り物と言えばジェットストリームとまで言われ、すでに何本も抱え込んでいるのだとか。高級感もありますし、確かにプレゼントにはうってつけですよね!

IMG_8813.jpg

ゾノさんは小さいサイズのキャンパスノートと一緒に使用されているのだとか。
仕事柄、道具が汚れる傾向にあるために行き着いた形であったようで、とても洗練されている印象を受けました。なんだかんだで、手に入りやすかったりシンプルなものに落ち着くんですよね(^^)

IMG_8804.jpg

ターナーさんも書くことが多いようで、ジェットストリームは重宝しているのだとか。中でも、仕事では軍手をつけていることが多いので、滑りにくいラバー軸版のものを主に使用しているそうです。手頃な価格でラフな環境でも苦楽に使用できるジェットストリーム、さすがですなぁ(^^)
さらに、今回はαゲルをグリップに採用したモデルを持ち込んでくれました。これが出た当時は、三菱鉛筆さんの技術総結集ver.だ!なんて興奮していたものでしたが、さすがに素晴らしい出来でしたよ!低重心設計で無理なく書け、固めでちょうどいいグリップが手への負担をやわらげてくれます。これはすごい…

IMG_8806.jpg

手帳の背に差すペン、オンブック。クリップの付け根と先端の高さにほとんど差がないため、差しても頭が飛び出ることはありません。
社会人になるにあたって、手帳のようなスケジュール管理ツールは重要性を増すでしょう。そんな手帳に合わせるペンの選択肢として、とても良さそうでした(^^)
加えて、これくらいビビッドなピンク色のペンってなかなかないのではないでしょうか。色もモチベーションを上げる手段として有効ですよね。

IMG_8810.jpg

フリクションノック高級バージョン。まさかこのようなものが存在していようとは…知りませんでした。
アルミ軸で高級感もバッチリ!つい欲しくなってしまいました(^^)

IMG_8811.jpg

ラバー部分はネジ式のキャップでカバーされています。
ここは個人的にグッと来たポイントでして、筆箱に収納していたりすると、このラバー部分が汚れてしまうことがあるんですよね。ここが汚れたまま修字しようとすると、その汚れが伸びてしまうんですよ。これが本当に嫌で、なんとかできないものかとずっと考えていたところでした。まさかこのような解決法があったとは…素晴らしい。
キャップがいらないのであれば、外したまま使用しても良さそうですね(^^)

また、写真を取り損ねたものもいくつかあったりします。

例えば、マジックインキの極細。
はっきり書けて読みやすいなど、非常に使いやすいものだそう。正直侮っていましたが、見直してみたいと思います。

また、フミヒロさんの計算尺のお話。これが深くて、つい考えさせられてしまいました。
計算尺とは、電卓がなかった頃に使用されていたものなのだそうですが、当然電卓ほどのスペックはありません。難しいかけ算などの答が分かる程度です。
しかし、ある調査によると、そんな道具面での不便を強いられていた頃も今も、仕事量ではそれほど違いがないのだとか。どんなに便利になったのだとしても、結局は使う人次第。道具ではなく、使用する自分を磨くことも忘れてはいけないのだなと感じた次第です。

IMG_9398_convert_20130719223749.jpg

ちなみに、僕が紹介させていただいたのはこちら。鞄そのものがもはや筆箱であるかのように機能する「ひらくPCバッグ」です。念願だったものをようやく手に入れることが出来まして、お披露目することが出来ました(^^)
詳しくは、また別の記事で書かせていただきます。

以上、第24回文房具朝食会@名古屋の本編でした。
実はもう少し続きがあるのですが、それはまた後日。

では(^_^)/
プロフィール

jetosu0505

Author:jetosu0505
https://twitter.com/jetosu0505
↑Twitterのアカウントです。

http://instagram.com/jetosu0505
↑instagramのアカウントです。

文房具だけでなく、生活を便利にしてくれる道具全般が大好きです。
歯磨きや入浴などの、毎日行うルーティンワークを便利に楽しくしてくれるようなものなど。
また、そんな生活雑貨を作ることもまた好きなので、自作グッズを紹介することもままあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ウィラーエクスプレス
ポイントアフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。