スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のサファリはピンク色/ラミーさんのサファリスケルトン軸

サファリスケルトン 100

私が良く使っている万年筆の一つ、ラミーさんのサファリスケルトンカラー
美しいルックスに安定した書き心地、比較的安価なので気楽に使えて気に入っています。

しかし、スケルトンというと気になるのは「コンバーター」の色。

ちなみにコンバーターとは、インクボトルからインクを吸入するためのパーツです。カートリッジは挿すだけで手軽に使えますが、市販されているものに色数が限定されてしまうことが欠点。当然、純正のものしか使えないため、例えば、このサファリにパイロットさんのカートリッジは挿せないわけです。
しかし、コンバーターを使えば、ほぼすべてのメーカーさんから出ているインクを吸入して使うことが可能。純正以外のインクを入れることはあまり推奨されていませんが、それでもカートリッジよりも多くの色のインクを楽しむことが出来るようになる、楽しみがとても広がるパーツです。

そんなコンバーターですが、サファリに合うラミーさんのコンバーターには赤いパーツが入っているため、スケルトン軸だと主張が強くて悪目立ちしてしまいます。
そこで、私は鮮やかな赤系インクを入れています


サファリスケルトン 200

今入れているのは、ナガサワ文具センターさんオリジナルの「ルノワールピンク」。
コンバーターに入っている状態で鮮やかな赤色を見せてくれています。悪目立ちするコンバーターの色ともうまくまとまってくれている気がして、とても気に入っている組み合わせ。


サファリスケルトン 400

先端部も美しい…


サファリスケルトン 300

ちなみに、ルノワールピンクで書いてみるとこんな色。相当鮮やかなショッキングピンク。
朱入れにも使えるでしょうが、私は普段の筆記にも気にせず使っています。こうも鮮やかな色だと、気分が変わって新しい発想が生まれかもしれません。


サファリスケルトン 600

書いてみると鮮やかでも、インクが溜まっている状態で鮮やかに発色してくれるインクというと、実はかなり選択肢は絞られます。

例えば、セーラーさんのグレナーデも、ワインレッドに近い鮮やかな線が書けますが、溜まっている状態はほとんど真っ黒。一方、同じくパイロットさんの色彩雫「秋桜」は溜まっている状態から既に鮮やかです。サファリにピッタリ。
手に入りやすさを考えると、秋桜はかなり良いですね。ルノワールピンクも気に入っていますが、使い切ったら秋桜に入れ替えようと思っています。


いかがでしょう。せっかく個性的なコンバーターなのだから、その個性を利用して美しくまとめてみるのもアリだと思います。
私のサファリスケルトン軸は、ピンク色専用の一本として不動です。

ミニチュア好きにはたまらない/豆本ピンバッジ

豆本ピンバッジ 100

どうも。文具だけでなく、ミニチュアも好きなjjetosu0505です。
食品サンプルとか、本物がそのまま小さくなったようなものとか、見ると感動してしまいます。

これは、そんな私が感動させられたものの一つ。
ミニチュア本のピンバッジです。
ちいさな本を豆本と呼ぶそうなのですが、これがなんともかわいらしい…


豆本ピンバッジ 200

ほとんどオーダーメイドのようにしてもらい、強力めのピンバッジにしてもらいました。


豆本ピンバッジ 300

スーツの社章をつける位置に挿そうと思っています。
プライベートでスーツを着用するときなどに。
文具系のアクセサリーは貴重な存在なので、文具好きには嬉しい存在ですね。

このような豆本アクセサリーや豆本自体は、こちらで購入出来ます。
特にピアスはかわいらしい…
知り合いが、この豆本ピアスをしているのを見て、あまりにも羨ましくて私はピンバッジを頼んでしまったのでした。オススメです。

140523 筆箱定点観測

筆箱定点観測 150

最近の私の筆箱。ひらくPCバッグ。
明らかに鞄ですが、私にとっては筆箱のようなものです。

今回は、このひらくPCバッグに普段入れて持ち歩いているものを公開します。


筆箱定点観測 160

まずは前ポケット


筆箱定点観測 200

・いろんな鍵
・レザーマン Style PS Black
・折り畳み傘


筆箱定点観測 310

バッグの中はこんな感じ。
エリアごとに紹介します。


筆箱定点観測 360

筆箱定点観測 400

・micro USBケーブル
・mini USBケーブル
・目薬
・フリスク
・コンパクトホチキス
・コンパクトメジャー
・消しゴム「アーモンド」
・イヤホン
・竹指輪
・櫛
・ワックス
・印鑑
・朱肉「シクオス」
・シャープペンシルの芯 2B


筆箱定点観測 500

筆箱定点観測 600

・書見台「メタルブックレスト」
・MacBook用の電源アダプタ
・ペンケース「ネオクリッツ」
・万年筆入りペンシース
・飲料水
・名刺入れ「harrytoree」


筆箱定点観測 700

ペンケースの中身


筆箱定点観測 800

・日付印「データーネームEX」
・スティック型モバイルバッテリー
・修正テープ「ホワイパーラッシュ」
・テープ糊「ノック式ドットライナー」
・油性ペン「ノック式マッキー」
・結束バンド「リーフタイ」
・シャープペンシル「グラフ1000」
・蛍光マーカー「ハンディラインS」
・消しゴム「モノゼロ」
・定規「アルミ製マルチ定規」


筆箱定点観測 900

ペンシースの中身は万年筆


筆箱定点観測 1000

筆箱定点観測 1100

・持ち歩きフォルダー
・手帳
・財布
・外付けHDD
・iPhone用電源アダプター


筆箱定点観測 1200
財布の中の文具?

・小さいボールペン
・カード型USBメモリ


筆箱定点観測 1300
手帳に入ってる文具

・ノック式フリクション
・ノック式万年筆「キャップレス」


筆箱定点観測 1400
手帳の中に入れている小物

・薄い定規
・小物入りのクリアファイル

筆箱定点観測 1500
クリアファイルの中身

・絆創膏「ケアリーヴ」
・クリップ「トライアングルクリップ」
・面ファスナーテープ オス面
・シート型両面テープ
・シート型修正テープ
・粘着シール「ペタッツ粘着タイプ」
・粘着シール「ペタッツ接着タイプ」
・名刺サイズの用紙


筆箱定点観測 1600

筆箱定点観測 1700

・万年筆「サファリ」
・ボールペン「エッジ」


筆箱定点観測 1800

筆箱定点観測 1900

・A4サイズのノート
・MacBookAir


筆箱定点観測 2000

筆箱定点観測 2100

・アイマスク(ジップロック入り)


以上、なかなかに詰め込んだ鞄の中身でした。
大体こいつを肩に下げながら出かけています。

恩師からの頂き物でした/クロスさんのエッジ

クロス エッジ 100

もはや相棒と言っても差し支えのない存在であるエッジですが、手に入れた経緯にも思い入れがあります。
実はこれ、大学で最も影響を受けた教授にいただいたものなのです。

そういうわけなので、もともとはその教授が持っていたものだったのですが、ある文具を紹介させていただいたことをきっかけにいただきました。それは…

クロス エッジ 700


この小さなボールペン。ゼブラさんのSL-F1mini
メモ帳と一緒に持ち歩いたり財布の中に忍ばせたりと、とても気に入っているボールペンの一つです。

クロス エッジ 800


こんなふうに伸びて、使い勝手の良いサイズになります。


そんなボールペンを持って、教授の研究室でのやりとり。

教授「これは良い!実は僕も似たようなものをもらったことがあってね、これなんだけど。」

私「先生!これはクロスさんのボールペンじゃありませんか!いいなぁ。羨ましいなぁ。」

教授「でもこれ、使ってないんだよね。むしろ君のボールペンの方が欲しいよ。もし君がそのボールペン(SL-F1mini)をくれるなら、このボールペン(エッジ)あげるよ。」

私「なんですって!?」

教授「もちろん新品でだよ。使い古しはダメ。」

私「買ってきます!」


私はすぐさま生協の売店に走り、SL-F1miniを買って戻りました。
そういうようなやりとりがあって、私の手元にやってきたのがこのボールペン、エッジだったわけです。
恩師にいただいたという最高のストーリーも、かけがえのない存在となっている要因の一つ。間違いなく、末永く付き合って行くことになるでしょう。

エッジにジェットストリームの書き心地/クロスさんのエッジへの改造

前回の紹介では書き心地について言及しませんでした。その理由がこれ。
私のエッジには、三菱鉛筆さんのジェットストリームのインクが入っているからなのです。


クロス エッジ 500

純正の水性インク芯ではなく、ジェットストリームの芯を入れています。

ジェットストリームの書き心地が気に入っているからと言うのはもちろんなのですが、一番の理由は油性インクの方が便利だからというところ。

例えば、領収書や書類に記入する際。複写式のものに書き込まなくてはならないシーンに出くわすことがありますよね。そんな際、油性インクのボールペンであればしっかりと筆圧をかけて複写することが出来るのですが、水性ではガリガリと紙面をひっかいてしまうこともしばしば…
個人的に水性の書き心地はとても好きなのですが、利便性だけで言うと油性に軍配が上がってしまいます。油性でなくてはならないシーンが多過ぎるのです。

そんな利便性を極めるべく、私のエッジには油性インクのジェットストリームの芯が搭載されています。


さて、そんなジェットストリーム採用エッジの作り方を簡単に説明しておきましょう。


クロス エッジ 600

ジェットストリームの単色タイプに入っている芯の後端を、もともとエッジに入っている純正のものの長さに合うようにカットします。具体的には1.2mmくらいでしょうか。

そうしてカットした芯をエッジに入れて完成。
実際に芯を繰り出してみて、出過ぎているようであればもう少し切るなどして微調整してください。

改造とは言っても非常に簡単。
お高いエッジ本体には何も手を加えなくて良いので、とても気楽に行える改造だと思います。
ただし、メーカー保証対象外となりますので、自己責任でお願いいたします。
プロフィール

jetosu0505

Author:jetosu0505
https://twitter.com/jetosu0505
↑Twitterのアカウントです。

http://instagram.com/jetosu0505
↑instagramのアカウントです。

文房具だけでなく、生活を便利にしてくれる道具全般が大好きです。
歯磨きや入浴などの、毎日行うルーティンワークを便利に楽しくしてくれるようなものなど。
また、そんな生活雑貨を作ることもまた好きなので、自作グッズを紹介することもままあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ウィラーエクスプレス
ポイントアフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。